忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログ代行


びっくり!!!。ブログ代行サービスをしている会社、地元だった(笑)。びっくりしました(笑)。しかもよく通っていた知っている場所でもありましたし。地元でニュースにもなる位有名なSEOサービスの会社があったなんて嬉しいやらびっくりやら。ただし、サービス内容はいいと言えるかは謎だと思います。確かにブログを11個立ち上げてくれます。しかもSEOに有効な状態のブログを11個。ただし、被リンクは自分で獲得していかなくてはならないようです。ですので、ブログ開設の手間は2,980円で省くことはできますが、被リンクを獲得すること、ブログの記事を調達することが必要になります。それでもSEOに有利なブログを11個も開設してくれるのだから2,980円は安いよという人はいいかもしれません。ブログを1つ開設するだけでもかなり時間は要しますし、気力も必要です。ましてやただブログを開設するのではなく、SEOに有効なブログを開設しなくてはならないようですから。ですが、いくらSEOに有効なブログを開設してもらったとしても、今のGoogleには通用しません。なぜなら、「パンダ・アップデート」がありますから。サイトやブログの内容を重視しているパンダ・アップデートが繰り返される限り、SEOに有効なブログをいくら開設したとしても、中身のない内容のコンテンツを更新し続けても無駄なのです。SEOに有効なブログを開設したとしても、中身のないコンテンツではせっかくSEOに有効なブログを開設しても、SEOに有効ではなくなってしまいますので、2,980円かけて作った11個のブログが残念な結果になってしまいかねません。2,980円かけて作った11個のSEOに有効なブログを大切に有効な状態を続けたいのであれば、ブログ開設後の自分に責任がかかってきます。中身のあるコンテンツの更新、被リンクの獲得が必須です。後のことも考えて依頼しなくてはならないようです。

SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群

催眠術で過去情報を得る
退行 催眠

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
PR

信用


ウェブマスターツール・・・。信用できないのでは・・・?と思うことがありました。ウェブマスターツールを見ていて、あ、インデックス0ゼロじゃん・・・、あんなにインデックスされていたのにぃ・・・(涙)と思い落胆していましたが、待てよ・・・、「Site:」でもチェックしてみようと思い立ち、メインブログをチェックしてみました。すると・・・、1,420ページもインデックスされていました。・・・ウェブマスターツール本当に信用できるの?!(汗)と思った出来事がこれでした。ウェブマスターツールを全否定するわけではありませんが、全肯定も出来なくなったのも事実です。なんだかショックでした・・・。ウェブマスターツールへの登録を解除しようかとても迷っています。何か情報収集できるかもしれないとも思ってウェブマスターツールにメインブログを登録してみましたが、引用できない情報しか提供されないのであれば、続けていく意味がありません。登録解除かな・・・。

池袋の催眠カウンセラーのサイト
池袋 カウンセリング

ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫

解除


Googleペナルティを受けたときの解除方法を検索している人は結構いるみたいです。ペナルティを受けたとしても、ペナルティを受けた事に気づき、自分のサイトやブログを修正したとします。ペナルティを受けているので、Googleクローラーがいつ訪問してくれるかはわかりませんが、修正した後にGoogleのクローラーが訪問して、修正したことがGoogleのクローラーに分かってもらえれば、ペナルティが解除される可能性があるのです。アクセス解析や、GRCのような順位チェックツールを毎日チェックしていると、ペナルティを受けているかわかります。アクセス解析や順位チェックツールを見ていて、ペナルティを受けているかも?と気づき、心当たりがあるようであれば、すぐにその心当たりを取り除きます。Googleのクローラーがいつ訪問してきてもいいように準備しておきます。クローラーからペナルティだと思われていた施策を排除していればペナルティを解除される可能性が高まります。

「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分