忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

解除


Googleペナルティを受けたときの解除方法を検索している人は結構いるみたいです。ペナルティを受けたとしても、ペナルティを受けた事に気づき、自分のサイトやブログを修正したとします。ペナルティを受けているので、Googleクローラーがいつ訪問してくれるかはわかりませんが、修正した後にGoogleのクローラーが訪問して、修正したことがGoogleのクローラーに分かってもらえれば、ペナルティが解除される可能性があるのです。アクセス解析や、GRCのような順位チェックツールを毎日チェックしていると、ペナルティを受けているかわかります。アクセス解析や順位チェックツールを見ていて、ペナルティを受けているかも?と気づき、心当たりがあるようであれば、すぐにその心当たりを取り除きます。Googleのクローラーがいつ訪問してきてもいいように準備しておきます。クローラーからペナルティだと思われていた施策を排除していればペナルティを解除される可能性が高まります。

「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
PR